コンテナ勉強会

レンタルルームは、実際にいろいろな使い方をしている方々が多くいらっしゃる訳ですが、ラブホテルの代わりに使用していたということもあるようです。

コンテナハウスなら

様々なラブホテル事情

銀座、浜松町、コリドー街……、そのようなエリアに、宿泊できる施設は存在しているものの、 ビジネスホテルなどは多くありますがカップルが仲良く過ごすことができるラブホテルの存在はなかなか見かけないのではないでしょうか。

そして、ラブホテルがあっても、ラブホテルに入るのは、ちょっと気が引けるという方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ラブホテルに入るから、目撃されればいまから何をしようとしているかが一目瞭然、すぐに話題のネタになってしまうことでしょう。

レンタルルームをラブホテルとして使うありかた

では、カップルたちは、お家に帰っておとなしく過ごしているのかと言えば、全然そういうことでもありません。

そこで、上手く現代社会で活用されている方法が何かと言えば、レンタルルームということになります。

レンタルルームのことをそもそもみなさんは正しく理解していらっしゃるでしょうか。レンタルルームは、最低レベルの設備、例えばベット、シャワー、テレビ、アメニティというものがあるから、ラブホテルとしても悠々と活用することができてしまうのです。

カップルたちもラブホテルの代わりに、時間単位で、1時間2000円程度、泊まりなら4000円程度で利用することができます。

だから、過去とは言いませんが、現在でもレンタルルームをラブホテルとして利用しているカップルが少なくありません。

レンタルルームとラブホテルの違い

レンタルルームとラブホテルにはどのような違いがあるのでしょうか。

あなたがラブホテルを利用した場合は、 2~3時間単位で利用料金の設定がされています。レンタルルームの場合は、ほとんど30分設定ではないでしょうか。

ラブホテルは、休憩2時間の場合4000円~5000円あたりが相場、宿泊の場合は8000円あたりが相場です。

レンタルルームは、1時間2000円程度で、宿泊パックの場合4000円あたりではないでしょうか。

ラブホは、シャワーにプラスα浴槽もありますが、レンタルルームは簡単なシャワールームという簡素さは存在しているものの、いまこの記事を読んだ方々は、「レンタルルームもラブホテルとして使えるかも!」という新しい発見をしたのではないでしょうか。

やっぱり、レンタルルームの魅力は、なんと言っても気軽に利用することができる点です。