コンテナ勉強会

私達の日常生活に、結構コンテナが浸透して来ていますよね。コンテナを利用して、倉庫として使用している人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなコンテナを購入というカタチではなく、レンタルという方々も多くいらっしゃることでしょう。

中古コンテナ.net

レンタルコンテナとは

レンタルコンテナとは、コンテナをレンタルすることです。コンテナボックスという場合もあります。バイクボックスという場合もありますよね。

レンタルコンテナは、海上コンテナやJRコンテナを細かく部屋として区切り、月貸しで賃貸するビジネスが盛んに行われています。

更地で、またクルマで横付けして荷物の出し入れができることなどがレンタルコンテナの特徴ということができます。

また、トランクルームという言葉がありますが、基本、レンタルコンテナとは分けて考えるべきでしょう。

レンタルコンテナが、室外型であるのなら、それに対して、トランクルームは室内型タイプです。

テナントや住居などに細かくトランクルームを置き、やはり1つずつ月貸しで貸し出ししたりしているものがトランクルームの基本スタンスです。

トランクルームとは言うものの、パーティションで作られているものも結構多く見かけることがあります。

最近の傾向として、一棟丸ごとトランクルームというケースもあるでしょう。

レンタルコンテナとトランクルームにある違い

では、レンタルコンテナとトランクルームにある決定的な違いが何かということですが。

トランクルームは、手や台車で荷物の出し入れをするために、ビルの中でも、敢えて室内型の1Fに作られることが理想だと思います。

レンタルコンテナの選択肢の場合、クルマで横付けすることができるなど、大きなメリットとしてとらえることができます。道路付けがいい立地でないと稼働率をあげることができないかもしれません。

トランクルームという選択肢の場合、より地域密着型という感じはあり、より立地の優劣問題が関わってくれるのではないでしょうか。

レンタルコンテナという選択肢の場合、自分自身の部屋までクルマで行くことができるなど大きなメリットです。

そのような事情よりトランクルームより、レンタルコンテナの方がビジネスで使用したりする方々が多くいます。レンタルコンテナは、個人の方々だけでなく、法人使用も結構多くあり、半数程度はそれではないかとも言われています。

比較してトランクルームという選択肢は、コンテナに比べて荷物の出し入れはしにくいと考えることができ、多くは個人利用のようですね。